活動報告

第4回 品川区議会議員現場視察会を行いました

9月10日(火)、品川建設防災協議会の主催で、毎年ご好評をいただいている品川区議会議員の第4回建設現場視察会を行いました。
会場となる視察現場は南品川2丁目8番地にある「城南小学校校舎・幼稚園園舎改築工事」で、現在下記の事業者によって施工されています。
建築工事:東急・小川・加地・ライフシステム建設共同企業体
電気設備工事:八千代・千代田総合建設共同企業体
空気調和設備工事:横河・末弘建設共同企業体
給排水衛生設備工事:新菱テク・三協建設共同企業体

品川区議会からは、各会派から計20名の議員が出席されました。当協議会からは、渡辺会長、副会長3名、総務3名、防災安全2名の計9名が出席しました。

最初に現場事務所内にて、当協議会加地委員の司会により、視察会の趣旨と本日の流れの説明の後、渡辺会長が挨拶を行い、その後工事担当である東急・小川・加地・ライフシステム建築JVの現場所長より工事概要の説明、工程説明、安全・近隣に対しての取り組みを伝えました。

工事の説明が終了すると、用意したヘルメットと軍手を各議員に貸与し、現場に向かいました。現場所長は高低差がある足場を昇っていき、各議員に施工状況の説明を続けていました。前回もそうでしたが、議員の中にはこうした建設現場に初めて入る方もおられ、とても興味深いと話されていました。

約20分の現場視察の後、出席者から質疑応答の時間を取り、近隣応対や授業の工種調整等、現場所長はそれぞれについて丁寧に答えていました。最後に議会を代表して、たけうち忍副議長より「今回の視察会も、私たちは建設現場に関わる方々が具体的にどのような事を行っているのか、この目で確認することが出来る良い機会となりとても参考になった。皆様の思いも合わせて区政に反映させていきたい」と総評をいただきました。

最後に三橋副会長より、多忙な中多数の議員の方が今回の視察会にお見えいただいたお礼と、今後の現場についても引き続き私たちは開催し、議員の方々に生の現場を実際に見ていただきたいという閉会の言葉で、現場視察会は終了しました。


品川区議会各会派と政策ヒアリングを行いました

令和元年7月23日、品川建設防災協議会は、品川区議会各会派のヒアリングに参加しました。

これは、各会派が建設業者の団体である当防災協議会に対して、品川区議会の政策に関する要望のヒアリングを、毎年行っているものです。

当協議会からは渡辺会長を筆頭に、副会長と総務委員長、担当委員が出席し、品川区議会自民党、品川区議会公明党の二会派の担当者の方々とそれぞれ個別に打ち合わせをさせていただきました。

昨今の建設産業をとりまく環境は、現場資材や労務費の高騰、技術者・職人不足等、引き続き厳しい問題を抱えております。これらのことを率直にお伝えし、品川区の建設行政への反映を期待するものであります。また来年は2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催も控え、工事の発注がどうなるのかも不透明です。現段階の状況についてお聞きしました。


第5回防災安全大会を開催しました。

7月10日(水)、品川区役所第三庁舎講堂にて、第5回防災安全大会を開催しました。今年も会員各社の現場担当者が約150名と大勢の出席で開催いたしました。

内容としましては

品川建設防災協議会の渡辺会長の挨拶「安全対策を知識としてではなく、意識として持とう」の他、
品川区公園課 溝口課長 「工事の安全対策 ~交通事故の防止~」
品川区施設整備課 小林課長「激甚化する自然災害などに対応するために」
の内容で、講話をいただきました。

1時間強の内容でしたが、会長の今後の防災活動に関する内容と日頃の活動に関する話。
また、来賓の溝口・小林両課長の工事の安全、熱中症などの健康管理に関する内容に、出席した会員は、熱心に耳を傾けていました。












平成31年度新役員が濱野区長と懇談を行いました

6月17日(月)、品川建設防災協議会の平成31年度新役員は品川区役所を訪れ、品川区の濱野区長と懇談を行いました。
地震・大雨による自然災害が非常に多い昨今ですが、今後とも品川区民を防災面で守り抜きたいという区長の決意に対して、当協議会からも有事の際にはできる限りの援助を行い、防災活動には積極的に参加し、また来年の2020東京オリンピック開催に対しては建設業の全会員が品川区によるインフラ面の整備について、引き続き協力を行うことを申し伝えました。


第18期定時総会が開催されました

時代も令和になり、5月28日(火)、品川区立中小企業センター大講習室にて、当協議会の第18期定時総会が開催されました。

渡辺副会長の開会の挨拶の後、中村会長は「自然災害は毎年のように数多く起きており、私達地場の工務店の使命として、地域社会の安全を守るためにも防災活動において会員の協力が不可欠である。品川区と今後もより密に連携をとっていかなければならない」と話しました。

その後、総務担当者、防災安全担当者より平成30年度の事業報告、会計より会計報告、そして監査より監査報告の後、同じく各担当者より平成31年度の事業計画案、予算案が提示され、満場一致で可決されました。今期は役員の改選時期にあたり、選考委員による候補者選出の結果、新会長に仲岡建設株式会社 渡辺 毅氏が就任となりました。
総会の後、会場を三階の大会議室に移し、第二部の懇親会が始まりました。冒頭で渡辺新会長は、「災害は各地で頻発しており、品川区も時間の問題だと考えられている。今後、さらに防災活動の重要性が増すので、会員の皆様にあってはしっかり活動を行って欲しい」と抱負を語りました。その後、新入会員6者の代表者から挨拶があり、渡部副会長の乾杯発声の後、会食となりました。

終盤では品川区の濱野区長も会場におみえになり、「今後とも品川区民の安全を守るため活動を続けていただきたい」と会員を激励していただき、会場は大変盛り上がりました。


品川区・区内三消防方面合同水防訓練に参加しました

令和元年5月18日(土)、しながわ中央公園にて合同水防訓練が行われました。
例年通り品川建設防災協議会も、今回参加しました。

品川建設防災協議会は主に倒木や土砂の除去を想定し、ホイールローダーやダンプ車を使用し会員一丸となって除去作業を行いました。

今後とも引き続き当協議会は、防災訓練活動に積極的に参加いたします。


第35回品川区防災フェアに参加しました

毎年3月の第2土曜日行われている、防災フェアが本年も平成31年3月9日(土)に行われました。
数年前より、しながわ中央公園にて行われれおりますが、本年はヘリポートのある広場に各ブースが集約して実施いたしました。

当品川建設防災協議会の展示物は前年に引き続き大規模災害の写真パネル、総務省制作の防災啓発ビデオ等、防災グッズの展示、品川区建築課も当協会ブースの一角で品川シェルターの展示を行いました。
防災グッズの中で、家庭用扇風機が5~6時間程度使用できるポータブル電源に興味を抱かれる来場者が多数いらっしゃいました。

また、オリジナルグッズとして、当防災協議会の名前の入った付箋紙と前年度に製作した4色クレヨンを配布いたしました。

昨年に引き続きスタンプラリーには、大勢の方が参加されており今年は例年の2倍以上の1000人以上にスタンプ及びグッズの配布をしました。

広場では、消防車両や警察車両、自衛隊車両等の展示や、地震体験車による体験等盛り沢山のイベント等があり、非常に盛り上がっていました。


平成31年新年賀詞交歓会を行いました

1月22日(火)、品川区立総合区民会館「きゅりあん」7階イベントホール会場において、平成31年新年賀詞交歓会が行われました。当協議会の主催により、毎年品川区長を始め関係方面の多数の方々を招待して行われています。

甚大な被害が多い最近の災害事象に対して、品川区、品川建設防災協議会共に、防災活動面で品川区民を守り抜くという、改めて固い決意を交わした新春会となりました。

本年も会員皆様にとって、素晴らしい一年になりますようお祈りいたします。

※平成30年 品川建設防災協議会 緊急対応実施記録はこちら


4期目を迎えた濱野区長と懇談を行いました

10月12日(金)、品川建設防災協議会役員は品川区役所を訪れ、9月30日の品川区長選挙で4期目の再選を果たした濱野区長と懇談を行いました。

甚大な被害をもたらす自然災害が毎年のようにやってくる昨今ですが、今後とも品川区民を防災面で守り抜くという区長の固い意志に対して、当協議会からもできる限りの防災活動の援助を行うという、改めて両者の意志の疎通を確認しました。


品川区議会各会派と政策ヒアリングを行いました

平成30年7月24日、品川建設防災協議会は、品川区議会各会派のヒアリングに参加いたしました。
これは、各会派が建設業者の団体である当防災協議会に対して、品川区議会の政策に関する要望のヒアリングを、毎年行っているものです。
当協議会からは中村会長を筆頭に、副会長と総務委員長、担当委員が出席し、品川区議会自民党・子ども未来、品川区議会公明党、国民民主党・無所属クラブの三会派の担当者の方々とそれぞれ個別に打ち合わせをさせていただきました。
昨今の建設産業をとりまく環境は、現場資材や労務費の高騰、技術者・職人不足等、さまざまな厳しい問題を抱えております。これらのことを率直にお伝えし、品川区の建設行政への反映を期待するものであります。